モンテッソーリ教育

ビル

モンテッソーリの創設者マリア・モンテッソーリは1870年イタリアで生まれ、両親や周囲の圧力に負けずローマ大学で初の女子学生として医学部に入学しました。
ある日、物乞いをする母親の傍で遊ぶ小さな女の子が一枚の紙切れに深く集中し、充実し平和に満たされている姿を見ていて「ひどい逸脱状態にある子どもでも何かに集中することによって変わることができる。」という考えがひらめきます。
その後、障害児教育で大きな成果をあげ、ローマのスラム街の子どもたちの教育をまかされます。
そこで、モンテッソーリは、劣悪な環境で育ち、落ち付きがなく集中力のなかった子ども達が、一旦、自分のやりたいことを発見し、何度もその作業を繰り返しているうちに、深く集中して行き、急速に集中力と向学心が芽生えて行くことを実証します。

モンテッソーリ教育 国分子どもの園

国分こどもの園は2歳~5歳の障害児をも含めた子ども達が、共に生活する混合クラスです。
さまざまな子どもが生活する中で思いやり、いたわり、尊敬、憧れといった心を育て、個性や人格を自らの努力で育てていってほしいとの願いが、子どもが主人公の幼稚園として生まれました。
従来子どもは「空の器でおとなが何かで満たしてやるべき存在」と受けとめられ、早期教育と称して、幼児教育はあらゆる活動をつめこむ方向に向かっておりました。
「おとなはそういうことをして、子どもの幸福のために熱心に愛情と犠牲心とに満ちて世話をしているのだと信じています。
しかし実際は、おとなはこれで子どもの人格を抹殺しているのです。」(幼児の秘密より)私達は、とにかく目に見える結果ばかりを急ぎすぎて、目に見えない大切なものを失っていることに気がつかないでいる場合が多くあります。
子どもの内なる叫びは「わたしがひとりでできるように手伝って」です。
すべてを偶然に任せるのではなく、子どもの成長に科学的注意と世話を向けつつ子どもの自発的な活動を促し、行事やカリキュラムに追われずに、ひとりひとりがじっくりとくり返し、満足のいくまで活動が続けられるよう、私達はよりよい自立への援助者として、深い愛情で子どもを見守り、適切な手助けで子どもと共に学びあいたいと思います。

●生活教育
手の栄養のために、心の解放のために手を十分動かせる子どもに 環境の世話 洗う、ふく、掃く、切る など
自分の世話 着る、洗う、いろいろな用具の使い方 など
他人とのかかおり方 あいさつ、あやまる、他人の邪魔をしないなど
手先の洗練のための個人活動 折る、貼る、縫う、織る など
全身運動のための集団活動 線上歩行、静粛のレッスン

●言語教育
ことばは、こと魂(だま)魂が伝わるような話しことばを 話しことばから書きことばへの誘いひろい読みから意味のある読みとりに砂文字、彫文字、かなくら、かべ文字、絵カード、五十音の積木 など

●数教育
数的頭脳の育成(順序だてる・秩序だてる精神)
0~10までの数
赤と青の数棒、砂数字板、つむ棒箱、数字と玉、数あそび、十進法の紹介
ビーズ、切手あそび、点あそび
数と実物との対応
色ビーズ、セガン板、100のくさり、1,000のくさり、たし算、ひき算、かけ算、わり算の基礎

●感覚教育
いろいろな感覚をみがき、数教育・言語教育の基礎を培う
はめこみ円柱、桃色の塔、茶色の階段、赤い棒、色つき円柱、色板、幾何図形のひき出し、構成三角形、触角板、重量板、雑音筒、音感ベル、味覚つぼ、臭覚筒、二項式の箱 など

●創造的活動の助成の為の絵画作成、体育指導

●リトミック
リトミックによるリズム感、音感教育など。
諸貫 香恵子
東京音楽大学声楽科卒業。現在、二期会会員 声楽指導、合唱指導、障害児音楽教室 平成7年(1995年)より本園のリトミック指導に携わる。