ママ便り

2018年10月15日 息子の事

スイミングの着替えの話、何だか嬉しいですねぇ~。私の次女も前に「そういえばさ、学童のお弁当の時気付いたんだけど、ハンカチたたんで敷いているの私とJちゃんだけなんだよね~。」と急に気が付いたらしく言ってきました。Jちゃんも同じ国分幼稚園出身。この話を聞いて、やっぱり嬉しかったです。日常の生活の当たり前にやっていたことが、小学生になっても続いている・・・。幼稚園生活って子供の今後につながる大切な日々なんだな、と改めて気付かされました!そして、織り機のおさいふ、きょうで終わりました!理事長先生がお財布の形に仕上げて下さり完成となります。来週には階段に飾らせてもらおうと思います。

2018年10月15日 息子の事

最近は「おしごと」もその日やることを決めているほどのやる気ということでほっとしています。面談で園長先生から「良くやっています。」との言葉を頂き、ようやく、地に足がついたというか、集中力と取り組む姿勢が育ってきたのだとなと感じます。それも、なかなか「おしごと好き」ではなかった息子に対し、先生方が少しづつ働きかけながら待っていて下さったおかげに他なりません。感謝です。日頃の子育てにおいても「待つ」ことは訓練かのごとくたくさんあったのですが、「待つ」ことに喜びを感じられる様になったのはつい最近のことで、「手助け=待てない」というのが実際でした。息子は特に私の口ぐせである「早くして!!」と言われるのが大嫌いで本人も「早くしてって言わないで!!」と訴えるほどです。成長の面も行動の面も待つ大切さは子供達から教わっています。担任の先生から教えて頂く園での息子の様子は自宅ではなかなか見せてもらえない顔を知ることができ有難いです。自宅では完全offモードなのでしょうね(笑)また、「ハグは大事なんだよ」と言っている事やわがままの甘えはダメだけど、抱っこしたりハグしたりする甘えは良いのだと息子自身が理解している事を教えて下さり大変うれしかったです。普段私が何よりも大切にしている所を息子が受けとってくれているんだな~と思い、これからも益々フル充電で毎日送り出せる様にしたいと思いました。すぐ風邪をひいてしまう息子ですが発表会に向けて体調整えていきたいと思います。

2018年10月1日 息子の事(父より)

園から帰って来ると息子に「今日、誰と遊んだ?」と聞くと誰と何の遊びをしたか詳しく説明をしてくれるのですが、その時の一生懸命な説明が非常に愛らしくニヤニヤしてしまいます。運動会用に国旗を描いてから、いつまでも国旗の色、デザイン、形などでクイズを出してくるようになりました。大きな世界地図と国旗の一覧表を購入すると毎日それを見ながら細かい位置を確認するのがとても好きになったようです。才能の畑にどんな種子を植えても、ある程度までは結果を見せてくれるというのは親としての発見です。サッカー?野球?電車?車?などと考えながら息子を見ていますが、きっと思いもよらない種をまいた時、相乗するんだろうなと分かるようになりました。モンテッソーリの賜物です。 「父」

2018年6月9日 父親参観-2

先日は香恵子先生のリトミックを親子で体験させていただき、とても楽しい時間でした。体で音を感じて表現するというのは日常ではなかなか出来ない事なので、毎月2回も子供たちはとても有意義な時間を過ごさせていただいているんだな~と実感しました。子供達からの歌のプレゼントは予想外で、改めて歌詞を聞くと、本当に今しか無い親子の関りが貴重で尊い時間であり、本当にあっという間の一瞬で過ぎ去ってしまう事もわかるので、子供が小さい今のうちに、たくさん子供らしい思い出を心に刻む日々にしたいと思いました。聞いただけで涙が止められない歌で大好きです。園長先生との面談では息子がまじめにやっているとのお話があり、ホッとしているところです(笑)少し手先を使うのが苦手で、特に折り紙など・・・・とのお話も伺ったので、そういえば娘の時は一対一でよく折り紙遊びをじっくりとやったけど、息子とは全然やってないな~と思い、自宅でも息子との「じっくり時間」が少しでも取れる様にしていきたいと思いました。折り紙、早速チャレンジしました。

2018年6月9日 父親参観

特に電車を深く愛する息子は本屋に行く度に新しい電車の本を買ってくれとせがんで来ます。幼稚園から戻るとプラレール三昧。将来電車の道に行くのかなとか考えながら見ています。ようちえんの外で先生や他のお子さんを見かけると恥ずかしいのか、いつも顔を伏せてしまいます。先生から届く息子の情報はそのどれ一つとっても家では見ることのない息子の顔が記してあり、大変興味深く心を躍らされます。親にも見せない別の息子の顔をいつも想像しながら読んでいます。小説を読んでいるようです。(父)

2018年5月20日(火) 母も子と一緒に

外で遊んでいると、お友達とのやりとりに親はハラハラしてしまい、つい先に仲裁してしまったりしていたのですが、最近やっと少し見守れるようになりました。そのいざこざの経験が心を動かして成長につながるのだと思えるようになってきたのですが今度はどう話したり説明したらその時の息子の気持ちやお友達の気持ちをうまく伝えられるのかなといざこざがある度に一人反省をしています。親もこうやって一緒に成長していくものなのですね。

2018年4月20日 お当番

昨日、ちよう組さんに進級してから初めての”お当番“だったとのことで、どんなことしたの?と聞いたらとても細かく(長~く・笑)教えてくれました。ウサギさんのえさやりの時、皿に水を入れすぎるとこぼれるから入れすぎはいけないと、お風呂の中にあるおもちゃの入れ物で実演してくれました。マラソンは0周になっちゃうけどお当番の仕事も好きなんだ!と言っていたのが印象的でした。新しい当番の仕事はとても新鮮でやりがいがあるようです。名前のなぞり書き、とても大切にしています。先生が赤ペンで〇をしてくれたことが嬉しかったと言っていました。名前が書けるようになり、自信が付いたのか、「これで幼稚園でも大丈夫だわ。」と独り言を言っていました。読めることが出来たら、字を書きたいという強い思いで少しずつ書けるようになり文字を習得する過程ってこういう風になるんだなあと私も興味深く様子を伺っています。

2015年5月29日 小学校の運動会

先日の小学校の運動会の写真ありがとうございました。
卒園してからもこのように見守っていただけること、本当に幸せだと思います。
自分ではなかなか撮れない一瞬の表情にとても感動しました。

2012年10月13日 運動会:1

土曜日はありがとうございました。親という立場での初めての運動会、先生方やベテランのご父兄の方々のおかげで、子どもと一緒に「親」を楽しむことができました。
総練習ではただ立っているだけの子どもで、本番もいまいちかな・・・。と思っていたのですが、始まってみると園長先生のとなりで口パクながら園歌やフレーフレー♪の 歌も歌い、体操も何とかやっていたので嬉しかったです。ただ!ヒマさえあれば砂いじり!!
来年の課題かなあ・・・と思います。もも組さんは特等席で観させていただき、 年少~年長とこんな風に成長していくのかな~と、今から楽しみになりました。
もも組さんとしての運動会は一生に一回!貴重な経験をありがとうございました。
子どもは 「明日も運動会!?」と聞くくらい楽しかったようです。

2012年10月13日 運動会:2

園児の父親として、初めて運動会に参加させていただきました。
本番当日までの間、楽しそうに応援歌を歌う息子を見ていると自分までわくわくしてくるのを感じました。
二十数年前、祖母に連れられて毎日、国分幼稚園に通っていたことを思い出しました。
また同じ道を息子が歩んでくれると思うと、とても感慨深い一日となりました。
何かと出張が多く、普段の子どもの様子が分からないので、連絡帳を拝見するのを楽しみにしております。

先日の運動会とても楽しかったです。
なんとか列に並び、みんなのまねをして歌ったり踊ったり、子どもの成長が見られて嬉しく思いました。
下の子が生まれて以来、 集団に混ざって何かをすることが全くできず、ずっと座り込むだけだった息子が幼稚園に入ってこんなに変わるなんて、本当に驚きました。
そしてあんなにも一体感のある 運動会、素敵ですね!私自身も思いっきり楽しめた一日でした。
子どもたちも必死で応援して、自分が幼稚園の時のはなかった光景で本当に感激することばかりでした。
来年がとても楽しみです。