国分幼稚園の紹介

理事長のご挨拶

理事長 本庄ちゑ子 「三つ子の魂百迄も」
ビル

モンテッソーリの創設者マリア・モンテッソーリは1870年イタリアで生まれ、両親や周囲の圧力に負けずローマ大学で初の女子学生として医学部に入学しました。
ある日、物乞いをする母親の傍で遊ぶ小さな女の子が一枚の紙切れに深く集中し、充実し平和に満たされている姿を見ていて「ひどい逸脱状態にある子どもでも何かに集中することによって変わることができる。」という考えがひらめきます。
その後、障害児教育で大きな成果をあげ、ローマのスラム街の子どもたちの教育をまかされます。
そこで、モンテッソーリは、劣悪な環境で育ち、落ち付きがなく集中力のなかった子ども達が、一旦、自分のやりたいことを発見し、何度もその作業を繰り返しているうちに、深く集中して行き、急速に集中力と向学心が芽生えて行くことを実証します。
国分幼稚園では、新任の教諭は1年間モンテッソーリ京都コースにおいてモンテッソーリ教育の基礎を学びます。そして、全ての教諭がモンテッソーリ京都コースを受講し、初級から上級へとステップアップを図ります。子ども達への適切な教育を目指して今日も精進をしております。